カミソリ負けの原因ってなに?

カミソリ負けはクリームを塗ることで防ぐ

ムダ毛は剃っても剃ってもすぐに生えてくるものです。また、剃ってもすぐに生えてきた毛というのはとてもチクチクして痛いので、カミソリでムダ毛処理をしたような時であればずっとカミソリで生えてきた毛を剃り続ける、ということが必要にもなってしまうので面倒です。なのでその面倒、手間を省くためにあるのが脱毛サロンですが、脱毛サロンでの脱毛も永久脱毛ではないですから、何回か通い続けた挙句、また生えてきたら脱毛サロンに行くということを繰り返さなければいけないことがほとんどです。

 

永久脱毛するには医療行為が必要にもなりますから、費用や痛みのデメリットなども考えれば、やはりカミソリでのムダ毛処理が一番楽だと思うようなこともあるでしょう。ですがカミソリはカミソリ負けしてしまうことが多いです。剃ったその時は大丈夫でも、後になって肌が痛くなったり痒くなったり赤くなったりもすることがあります。そうした赤くなった肌といううのは水にしみますし、素肌を見せる服は着れないことも多いので注意です。

 

ですからできるだけカミソリ負けしないためにもカミソリ負けの原因を知って、事前にカミソリ負けとなるものを排除していくようにしましょう。

 

まず、カミソリ負けしないようにするためにはカミソリで剃る前にクリームを肌にお塗るのがお勧めです。脱毛時に使うクリームはボディクリームであったり、オールインワンゲルのようなリーズナブルでたくさん使える、とろみのあるものが良いです。美肌維持というより、素肌を傷つけないようにするために使うものですから手軽に使えるものを選ぶようにしましょう。こうしたクリームを事前に素肌に塗ることによってカミソリ負けを防ぐこともできます。

 

ですがクリームを塗ることによってカミソリの滑りは悪くなりますから注意です。また、クリームがカミソリの刃に残ることによって、使うたびにカミソリの剃り具合が悪くなることがほとんどです。ですからカミソリの寿命はクリームを使うことによって悪くなりますが、それはカミソリ負けしないためには仕方のないことなので、滑りが悪くなったり錆びたり、剃れないと感じたらすぐに処分して新しいもので剃るようにもしましょう。そうしないと何度もカミソリで素肌をこすることによってカミソリ負けしてしまいます。

 

これは男性の髭剃りであっても同様で、いつもカミソリは良い状態のものを使うことが大事です。

 

カミソリ選びも大事

カミソリ負けしてしまうことの原因として、カミソリがあっていない、ということも原因の一つになります。カミソリにもいくつか種類があって、眉そり用、顔そり用、脇専用などがあります。どれも新品であればきちんと剃れますが、それでも剃りたい箇所にあうカミソリのほうが使いやすいので良いでしょう。使いやすいことで誤って肌を傷つけてしまうようなリスクも減らすことができます。

 

ですから自分が剃りたい箇所にあうカミソリを選ぶようにしましょう。女性であれば顔に生えているムダ毛は男性の髭のように固く剛毛ではなく産毛程度であることも多いので、そんなに刃が鋭いカミソリでないほうが良いでしょう。ドラッグストアなどに販売されている顔そり用で十分であることも多いです。

 

刃が鋭いもののほうがしっかり剃れて良いということもありますが、肌の表面まで剃ってしまうことがありますし、後でヒリヒリしてしまうリスクも高いです。また、顔そり用のものであっても肌状態が良くない時であれば乾燥していることでカミソリ負けをしてしまうこともあるものです。乾燥している冬や花粉が多い春は肌も敏感になっているので顔そりするにもやりすぎないようにすることが大事です。

 

また、もしも赤くなってしまった時はマスクなどでしばらく肌を隠したり保護したりするようにしても良いです。特に体の肌は服で守られているようなことも多いので良いですが、顔の肌は常に外気にあたっているような感じなので年中乾燥しやすいものです。体の肌が大丈夫だったからといって顔の肌も同様に大丈夫だとは思わないようにもしましょう。体の肌が乾燥していなくても、顔の肌は乾燥していることもあります。

 

また、新品のカミソリであってもあまりにも昔に購入したものは製品としての質が落ちていて、剃り具合が悪くなっているようなことも多いです。なのでそうした製品の劣化が疑われるような時は、まずは腕などを使って少しだけ剃ってみましょう。剃り具合が悪いと感じるのであれば、使うのはやめたほうが無難でしょう。カミソリ負けしてしまうのは使うカミソリがあっていないということや、製品の劣化なども考えられるので、安心して使えるものを選んでカミソリ負けしないようにするということも必要でしょう。

 

カミソリ負けしてしまうのは剃り方が間違っている

カミソリ負けしてしまうのは、カミソリを使っての脱毛処理が雑だということもあります。暗い部屋で大雑把に剃っていては剃り残しも多くなりますし、また剃り残しを繰り返し処理することでカミソリ負けも酷くなってしまうということがあるでしょう。

 

明るい部屋で、しっかり産毛や薄い毛も見えるような状態の部屋でムダ毛処理をすることによって、そうしたカミソリ負けのリスクも減らすことができるでしょう。また、ただ単に剃るのではなく、ムダ毛をうまくカットできるように方向や向きを考えて剃るということが大事です。また、ムダ毛には生える周期というのがありますから、周期を考えて剃るということも大事です。

 

気になった時にただ剃るということだと剃る回数も増えてしまうので、それでカミソリ負けしてしまうこともあるでしょう。カミソリで肌を傷つける回数が多くなると、どれだけ強い肌の持ち主であっても肌は荒れてしまいます。できるだけカミソリを肌にあてる回数を減らすためにも周期を意識して、回数を減らしてみるというのも良いでしょう。カミソリを使わない回数が減ればそれだけ肌への負担も減るものです。ムダ毛処理ができずにいるような時はパンツスタイルを楽しんだり、隠してカバーするようにしても良いでしょう。

 

また、カミソリを使う時間帯は就寝前にするというのも良いです。就寝前であればこれから外に出ることもないので、外気に肌をさらけ出して肌を傷つけたり肌に負担をかけるようなこともなくなります。剃ってそのまま肌を休めることもできるので、カミソリ負けによる乾燥、肌ダメージも少なくすることができるでしょう。カミソリ負けに悩まされないようにするにはできるだけ肌に負担がかからない時間帯を意識して剃るという事も大事です。また、カミソリ負けしてしまう原因に、肌が弱いということもありますが、もともと肌は弱くないのに栄養状態が悪かったり、肌に美容成分を補えていないことで肌が弱くカミソリ負けしやすくなっているというようなことも考えられます。

 

ですから自分で自分の肌を強くするという意味でも、普段から肌には美容成分と栄養を補うようにもしましょう。肌そのものを強くすることでカミソリ負けしにくい肌にすることというのもできるでしょう。日頃の生活習慣で肌に悪いことをしていないかも見直してみると良いでしょう。カミソリ負けしてしまう原因はカミソリそのものだけでなく、色々なところで見つかるものです。見直しをすることで原因が分かることもあります。

 

脱毛サロンに通うのもあり

カミソリ負けでお悩みなら脱毛サロンに通いすべすべにすることで、肌の負担が減りカミソリ負けも改善されます。根本的にカミソリ負けを直したいという人は脱毛サロンに通うことも検討してみてはいかがでしょうか?